腹痛Abdominal pain

腹痛について

一般的に腹痛は、消化器症状のなかでも日常的にみられることが多い症状です。そのため特に気にすることなくそのまま放置する、もしくは市販薬で一時的に痛みを緩和させているなどの対応をされている方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、腹痛の状態や程度によっては、重大な疾患に罹患している可能性も十分に考えられます。「日常的な腹痛」として、症状をそのままにしていたり我慢してしまうことは大変危険な行為です。なかには手遅れになってしまうケースもあり、大変危険です。

症状が悪化し最悪の状態を招かないためには、日頃からご自身の体調やささいな症状も見逃さないことが大事になってきます。健康な身体を維持し続けるためにも、まずは一度医療機関の受診を推奨いたします。

次のような腹痛には要注意!

〈緊急性の高い腹痛〉

これらの症状の方は、既に危険な状態にある可能性考えられます。
すぐに医療機関を受診してください!

〈診察が必要な腹痛〉

〈時間的余裕のある腹痛〉

※これらの症状は、緊急性がそこまで高くないということができますが、決して我慢・放置はせず医療機関の受診をするようにしましょう。

原因

腹痛の原因には、主に2パターンあると言われており、「器質的な原因」と「機能的な原因」に区分されます。
器質的な原因とは、何らかの消化器疾患(大腸がん、潰瘍性大腸炎など)に罹患していることで痛みを伴うものです。機能的な原因とは、生活習慣・食生活の乱れやストレスなどが原因となって発症することが多いです。

腹痛から考えられる疾患

〈心臓の疾患〉

  • 心筋梗塞
  • 虚血性心疾患
  • うっ血性心不全
  • 心筋炎

〈胃・十二指腸の疾患〉

〈大腸の疾患〉

〈胆のう・胆道の疾患〉

  • 胆石発作
  • 胆石症
  • 胆管結石
  • 胆のう炎

〈膵臓の疾患〉

  • 膵臓癌
  • 急性膵炎

検査方法

腹痛の方に対し、当院では次の検査を実施しております。

胃カメラ検査

口や鼻からスコープを挿入し胃の内部を検査します。内視鏡専門医による「苦しくない検査」が可能です。

胃カメラ検査についてはこちら

大腸カメラ検査

当院では内視鏡専門医が検査を行います。
鎮静剤を活用した「痛くない内視鏡検査」が可能ですので、初めて検査をうけられる患者様でも安心です。

大腸カメラ検査についてはこちら

腹部エコー検査

高周波の超音波を腹部にあて、腹部内部を調べる検査です。
CTやX線などとは異なり放射線を使用しないため安心です。検査用ゼリーを腹部に塗りながらプロープ(探触子)をあてて調べていきます。

レントゲン検査

X線を照射することで異常の有無を調べる検査です。
妊娠中や妊娠の可能性がある方は検査が受けられませんのでご注意ください。

腹痛症状の方は消化器専門外来へ

中村胃腸科内科外観

腹痛症状の方は、ぜひお早めに当院の消化器専門外来を受診しましょう。
胃がん・大腸がんなどの重篤な疾患である可能性もございます。

放置・我慢してしまうことで、症状が悪化してしまった…、手遅れになってしまった…ということがないように、気になる症状がある場合はすぐに受診をしてください。


WEB問診・ネット予約

WEB問診票

ネット予約


診療時間・アクセス
所在地
〒906-0013
沖縄県宮古島市平良字下里1259-1
TEL
0980-75-3232
FAX
0980-75-3233
E-MAIL
info@nakaicho.com
診療時間
午前 9:00~12:00
午後 14:00~17:00

※受付時間は午前8:30~11:30、午後13:30~16:30まで
休診:木曜・土曜日午後及び日曜・祝祭日休診

※台風などの影響で臨時休診となる場合があります。
新着情報の確認をお願いします。

本年度の健診はお済みですか?
特定健診、生活習慣病予防健診の予約を受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。