血便・下血Bloody stools

次の症状でお困りではありませんか?

血便・下血症状はすぐに医療機関を受診しましょう

血便・下血症状は、命の危険がある可能性があります。症状に気づいたら、早急に医療機関を受診し医師の診断を仰ぐようにしましょう。
大腸がんや直腸がんなどの重篤な病気にかかっている場合も考えられます。放置することは大変危険です。ご自身で判断せず、まずは当院へお越しください。

血便・下血の種類

医療機関にかかる際には、【血の色】や【出血量】などを医師に説明できるようにしてください。
色によって、ある程度、出血箇所を特定することができるようになります。出血箇所が肛門から遠いければ遠いほど、血が酸化するため、黒みを帯びた色になります。

黒色便(タール便)

文字通り、真っ黒な便のことを指し海苔のようにドロドロしているのが特徴です。別名、タール便とも言われます。
黒色便が確認できる場合は、胃の周辺で出血している可能性が高いです。

暗赤血便

消化液と混ざった赤黒い便を指します。大腸の奥の出血すると赤黒い色になります。

粘血便

粘血と血液が混ざりあった赤い便です。いちごジャムのような血便に例えられることが多いです。

鮮血便

鮮やかな赤い血液で、肛門やその付近から出血している場合がほとんどです。
肛門からの出血は「痔」である場合が多いです。

血便・下血に関連する疾患

血液・下血に関連する疾患は以下のようなものがございます。血の色(=出血箇所)によって、疑われる疾患が異なります。

黒色便の場合

食道癌、胃潰瘍、十二指腸潰瘍

暗赤血便の場合

大腸癌、虚血性腸炎、大腸炎、大腸憩室出血、メッケル憩室出血、小腸潰瘍

粘血便の場合

炎症性腸疾患、アメーバ陽炎

鮮血便の場合

直腸癌、直腸ポリープ、痔

血便・出血の際は大腸カメラ検査

大腸カメラ

血便・下血症状の患者様には、大腸カメラ検査を実施していただく可能性が高いです。
重篤な疾患である可能性もありますので、専門医がしっかりと検査を行います。

大腸カメラ検査ときくと、不安や驚きを感じる方が多いかと思いますが、当院では苦しくない大腸カメラ検査を行っております。
当院の大腸カメラ検査についてはこちらをご確認ください。

大腸カメラ検査ページへ

血便・下血症状が起きたら当院へお越しください。

中村胃腸科内科外観

血便・下血でお悩みの方は、当院の消化器専門外来へお越しください。
血便・下血は重篤な疾患にかかっているかもしれません。
お身体の不調・異変を感じた際には、ご自身で判断せず、すぐに医療機関を受診しましょう。
ご不明な点は医師やスタッフにお問い合わせくださいませ。

当院の消化器専門外来について

消化器専門外来ページへ


WEB問診・ネット予約

WEB問診票

ネット予約


診療時間・アクセス
所在地
〒906-0013
沖縄県宮古島市平良字下里1259-1
TEL
0980-75-3232
FAX
0980-75-3233
E-MAIL
info@nakaicho.com
診療時間
午前 9:00~12:00
午後 14:00~17:00

※受付時間は午前8:30~11:30、午後13:30~16:30まで
休診:木曜・土曜日午後及び日曜・祝祭日休診

※台風などの影響で臨時休診となる場合があります。
新着情報の確認をお願いします。

本年度の健診はお済みですか?
特定健診、生活習慣病予防健診の予約を受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。