過敏性腸症候群IBS

こんな症状でお困りではありませんか?

など

このような症状でお困りの患者様は「過敏性腸症候群」の可能性があります。別名「IBS」とも言われる疾患です。
ストレスや生活習慣、食生活などが原因で発症すると言われております。現代のストレス社会において、近年増加傾向にあり、20代30代の若い女性の罹患も増えていますので、決して他人ごとではない疾患です。

過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群(IBS)とは、病変や異常がないにも関わらず、腸に異常をきたしている状態の疾患です。明確な原因は解明されておりませんが、主には食生活やストレス、不規則な生活習慣などにより発症します。

近年では10人に1人が発症される病気で、特に若い女性の罹患が増加傾向にあり、決して珍しい病気ではありません。慢性的に「お腹が弱い」という状態の方は、もしかしたら過敏性腸症候群である可能性が考えられます。

過敏性腸症候群には【下痢型】【便秘型】【交互型】に分類されます。
不調を感じたら医療機関を受診しましょう。

原因

過敏性腸症候群の原因ははっきりとは分かっていませんが、腸機能障害、腸の蠕動運動の過剰や不足、腸のけいれん、自律神経の乱れなどにより症状を起こすとされています。

検査

大腸カメラ

先述の通り、過敏性腸症候群には器質的な異常が認められません。そのため、IBSであることを診断するには、大腸カメラ検査により除外診断を行い、器質異常がないことを確認する必要があります。

当院では内視鏡の専門医が苦しみを抑えた内視鏡検査を行います。初めて検査を受ける方でも安心・安全です。詳しくは下記をご覧下さい。

当院の大腸カメラ検査についてはこちら

治療方法

薬物療法

内服薬を用いながら、症状改善を図っていく方法を指します。
当院では、患者様の症状や生活スタイルなど、ニーズに合わせたお薬を処方させていただきます。
お薬に関するご要望やご不明点は、医師またはスタッフにお問い合わせください。患者様にとってより良い治療方法を一緒に考えていきます。

生活習慣改善

過敏性腸症候群は食生活や睡眠などの生活習慣の改善により、症状緩和を目指していきます。
具体的には、規則正しい食事、十分な睡眠時間の確保、ストレス解消法などを行っていきます。
患者様にとって無理のない治療方法をご提案させていただきます。

当院の消化器専門外来へお越しください。

中村胃腸科内科外観

過敏性腸症候群かもしれない…と感じた方は、一度当院の『消化器専門外来』へお越しください。
お腹や便通異常でお悩みの方の専門外来です。
当院では専門医が丁寧に診察から検査・治療を行っております。
お気軽に医師やスタッフにご相談ください。


WEB問診・ネット予約

WEB問診票

ネット予約


診療時間・アクセス
所在地
〒906-0013
沖縄県宮古島市平良字下里1259-1
TEL
0980-75-3232
FAX
0980-75-3233
E-MAIL
info@nakaicho.com
診療時間
午前 9:00~12:00
午後 14:00~17:00

※受付時間は午前8:30~11:30、午後13:30~16:30まで
休診:木曜・土曜日午後及び日曜・祝祭日休診

※台風などの影響で臨時休診となる場合があります。
新着情報の確認をお願いします。

本年度の健診はお済みですか?
特定健診、生活習慣病予防健診の予約を受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。